アジアンブリーズを選んだ理由

元々、アメリカでトライアウトを受けるために様々な人に情報を聞いていました。

その際に代表の色川冬馬さんが運営するベースボールオンラインサロンのメンバーで沖縄でティーボール教室を主宰されている小濱拓朗さんという方からアジアンブリーズを紹介して頂きました。

その際にタイミングよく色川冬馬さんが、自分の地元で講演会を行うということでアジアンブリーズ についての話しを聞き、魅力を感じて参加させて頂きました。

自己責任と自己管理

初めてアメリカでプレーをしてみて、日本と1番違うと感じたところは「自己責任」と「自己管理」を求められるという点です。

日本で野球していた時は、全員でアップやキャッチボール、ノックをするというのが当たり前です。しかし、アメリカではアップなども各自行い、サイドノックなどをした場合でも自分のタイミングで上がったりするなど、日本との違いに衝撃を受けました。

それは一見自由とも捉えることができますが、裏を返せば自分でしっかりと考えて行動できないと戦っていくことができないということも強く感じました。

今後の目標

今回アジアンブリーズ に参加させていただきましたが、残念ながら契約を獲得することは出来ませんでした。

しかし、マイナーリーガーや韓国プロ野球球団と試合をした経験から、今の自分との実力差や課題に気づくことができました。契約を取れるか取れないかといった要素は、運や状況も関わってくるので仕方がない部分がありますが、今回の経験は間違いなく自分自身の財産となります。

今回で諦めるのではなく、より一層海外の野球にチャレンジしプロ契約を勝ち取りたいという気持ちが強くなりました。

そして引退後の目標になりますが、指導者となり、このような経験を伝え、子供達の世界観や選択肢を増やしてあげられるような指導者になることも今後の目標の一つです。

今回はこのような機会を頂きありがとうございました。