皆さん、こんにちは❗️
今回は、現在アメリカの大学に通いながらアジアンブリーズを通してアメリカ・サマーリーグ球団と契約した横山選手へのインタビュー紹介になります。

・アジアンブリーズを介してサマーリーグへ挑戦したのは何故ですか?
サマーリーグ挑戦を決断した理由は、自分の野球能力のレベルアップと、カレッジを卒業したときの視野を広げるためです。僕は高校時代ではピッチャーをやっていました。

アメリカに来てからは内野手として試合に出ていて、高校時代は右バッターでしたが、アメリカではスイッチヒッターとして試合に出ています。試合経験が浅いため、サマーリーグを通して、もっと自分の引き出しを増やして、僕は再来年D1のUniversityに進学することを目指しているので、そのためサマーリーグ挑戦を決めました。

・シーズンの目標を教えて下さい。
シーズンの目標は、リーグトップの盗塁数と前回のシーズンでスイッチヒッターとしてバッティングで結果が出ずレギュラー定着することができなかったため、バッティング面では試合で結果が出せるようにシーズンを通すことです。
守備面では送球にエラーが前シーズンで目立ったため、送球難を克服します。

・今年の目標はなんですか?
サマーリーグでは、リードオフマンバッターとして能力を磨き、1番バッターとしてチームに貢献し、オールスターに選ばれ、また来年もうちのサマーリーグでプレイをしてほしいと思ってもらえるようなプレイヤーになります。

前回のシーズンの最後でバッティングの調子が上がってきたので、自信を持ってプレイをします!また、リーグトップの盗塁数を出し、シーズン記録も超えます!

足が売りの横山選手が、試合を通して経験を積み、新たなステージへ駆け上がることを期待して、応援していきましょう!

武器を持った選手が、武器を野球に転換していく姿こそ、まさにアメリカMLB下部組織の様な仕組みと言えます。

若いウチに、どれだけ試合経験を積めるかで野球人生は大きく変化します!

アジアンブリーズでは、横山選手の挑戦を応援しています!

横山選手(左)とチームメイトの浅海選手(右)

Changing lives!!

Asian Breeze