皆さん、こんにちは!

2022年アメリカ🇺🇸サマーリーグの全日程終了に伴い、この夏の感想を伺いました。

第6弾はカンザス州カンザスシティ近郊の Topeka Farmers でプレーした伊藤諒人選手(内野手)です!

・サマーリーグシーズンを終えて

野球人生で初めて優勝という瞬間をアメリカで味わうことができて本当に幸せでした。たくさんの方々のおかげでアメリカでの野球挑戦に繋がったと思うので、優勝という形で恩返しできたことを本当に嬉しく思っています。
小さい頃から夢だったアメリカでの野球をプレーできたことは自分の中で一生忘れない経験となりました。自分の野球に対しての姿勢、プレー、技術について改めて見直すことができ、それは結果が出たから良かったではなく調子が悪くなってしまった時でも結果がでることに至るまでの自分の在り方、投げ出さなかったことに自信を持てたからです。

・アメリカでの野球はどうでしたか?

今までやってきたなかで比較の対象がないくらい自分の野球人生で苦しんだ打席であり悩んだ日々を過ごしました。
でもそのおかげで打てない、ミスが出てしまった時にどうするか調子が悪い時の心の持ちようなど自分で考えて行動、改善する能力がとてもついた気がします。
それでも野球が嫌になったことは少しもなく、次はどうすれば打てるかどうしたら前の打席より良くなるかなど、自然と自分から行動起こしレベルアップしようとする姿勢になれたのは自分の強みかなと思います。
自分の問題であって他人がやっていなくても自分の測りの中で努力しないと差は自然と生まれてこないことを改めて痛感しました。

打てない時に感情出して果たして相手、そして味方にいい影響を与えることはあるのかを考えた時にそこで感情的にならずに淡々とプレーした結果、次の打席にエネルギーを注ぐトレーニングができた。
選手1人1人が一球に対してとても執着し、仲間のヒットを自分のヒットかのように喜び、とにかく楽しんで野球をやっているイメージでした。
パワーみたいなものを勘違いしてしまうと自分のフォームが崩れ、不調につながってしまったので向こうの選手にあわせるのではなく日本人らしさ、日本でやってきたことに誇りを持ち向上心を持って日々プレーすることが大事だと感じた。

・野球以外はどうでしたか?

ホストファミリーの家族の方々は自分が野球をしやすい環境を第一に考えてくれ、アメリカでのリアルな生活を身をもって体験することができました。
人生で一度は行ってみたかったMLB観戦に行けたことは本当に感動しましたし、幸せでした。
中南米の選手達もいた為英語とスペイン語に触れることができる環境にいれたことは本当に大きかったです。

・今後の目標について

小学校の頃にたてたプロ野球選手になるという夢を叶えられるように自分の可能性を信じて高いレベルで野球を続けられる環境を自分の手で道を切り開けられるように頑張りたいと思っています。

・これから海外を目指す選手に向けて

日本人らしさを忘れず、今まで自分がやってきたことに自信を持ってプレーしてほしいかなと思います。

アメリカサマーリーグでも珍しいスペイン語圏の中南米選手の多いチームでプレーし優勝まで経験した伊藤選手。より多様な文化や違ったベースボールを学べたのではないでしょうか。さあ次のステージはどこか!

これからも伊藤選手への暖かいご支援ご声援を宜しくお願い申し上げます。

Assume Nothing!

Asian Breeze