サマーリーグ2024参加選手募集中

サマーリーグ現地レポート – 具志優輝選手

具志優輝_アイキャッチ画像

皆さん、こんにちは!

2023年アメリカ🇺🇸サマーリーグもあっという間に前半戦を終え、それに伴い各選手にこれまでの話を伺いました。

第2弾はサウスダコタ州ピース市のオアへザップに属する具志優輝選手(内野手)です!

ここまでの野球はどうですか?

アメリカと日本の野球の違いを実感しました。アメリカに来る前は、アメリカの野球は雑というイメージがありましたが、実際に来てみるとそのイメージは変わりました。打撃では、スイングについてとても深いところまで突き詰めていました。日本ではどちらかと言うと質を求めるよりも量をこなすと言うイメージですが、アメリカではスイングをひとつひとつ丁寧に確認して、量より高い質を追い求めていると感じました。例えば、上半身と下半身の分離であったり、ヒッチアップであったり、ボールを線で捉えるためのレベルスイングでの確認であったりと、量をこなすよりかはゆっくりと確認しながらスイングしていました。みんなしっかりと理論を持って取り組んでいると感じとても勉強になる部分が多かったです。

守備では、日本の守備はどちらかというと形の綺麗さを重視している感じがあるのですが、アメリカでは形を意識していることはなく、プレイスピードの速さを意識して如何に速くアウトを取るのかを考えてプレーしていると感じました。状況によってはペアハンドをしたり、正面気味の打球でも逆シングルで取ったりなど、次の送球に繋げるための取り方をしていると感じました。またアメリカの選手はみんなハンドリングが異常に上手いと感じました。バウンドが合わない時でも普通に取るので素晴らしいと思いました。試合前には膝を付いて、ワンバウンドの球を取る練習をしており、そのような練習が試合で活きていると感じたし、このような地道な練習をしているからこそ、試合で大胆なプレーができていると感じました。

チームの雰囲気はどうですか?

ベンチでの雰囲気も良く、個人での感情の入り具合は日本人よりも大きく感じ、得点した時はチームメイトはベンチから飛び出て喜ぶなど、チームとしての盛り上がりも今までに体感したことがないものがありました。

野球以外の生活はどうですか?

コミュニケーションの部分で少し苦戦はしましたが、気合いとノリでなんとかなりました。またミーティングでわからないところは、後から翻訳機を使って教えてくれるのでとても助かっています。チームメイトも監督もみんな優しく、気楽に関わってくれるのでとても過ごしやすいです。オフの日には、ビーチでBBQをしたり、ドライブをしたりととても充実した日々を過ごせています。ホストファミリーの方も食事の方にも気を遣ってくれるのでストレスなく生活することができています。

後半戦に向けて意気込みを下さい。

守備の面では無難にこなせていますが、打撃の部分で少し苦戦しています。日本と違いアメリカでは外のストライクゾーンが広いと感じました。しかし球にも慣れてきて良い打球も増えてきたので後半戦は打撃の部分でチームに貢献していきたいです。またチームとしても大きく負け越しているため、後半戦から巻き返せるように1試合1試合、勝利を目指して取り組みたいと思います。

チーム成績

32試合8勝25敗

個人成績

打率.000
打数14
安打数0
四球2

アメリカでのベースボールに多くの発見と学びをし、プライベートでも楽しんでいる具志選手。コミニケーションは気合とノリというのがいいですね。野球ではなかなか苦しい戦いの続くチームと具志選手ですが、後半戦の巻き返しに期待です。

引き続き具志選手への温かいご支援ご声援を宜しくお願い申し上げます!

応援メッセージはTwitterで!
#アジアンブリーズ を忘れずに!

Changing Lives !!

Asian Breeze

シェアはこちらから!
  • URLをコピーしました!